【最新機種情報】NECビジネスフォン UNIVERGE Aspire WX plus リリース

Aspire WX plus
2022.05.18

【最新機種情報】NECビジネスフォン UNIVERGE Aspire WX plus リリース



NECビジネスフォン最新機種

高機能で拡張性の高いNECビジネスフォンから最新機種としてAspire WX plusが登場

AspireWX plus

モバイル内線

今までのAspire WXでは、AXモバイルリンクと、UNIVERGE どこでも内線サービスの2つでした


AXモバイルリンクはビジネスフォン主装置にライセンス登録を行い、スマートフォンから一度オフィスのAspire WXにアクセスし、そこから内線や外線に発信する方法です。

メリット:初期導入費用のみ、月額利用料不要
デメリット:疑似内線の為、通話料が発生します


UNIVERGE どこでも内線サービスは、NECのサーバーをインターネット経由することで内線化を実現、保留・転送などができるサービスです

メリット:データ通信可能環境下で利用可能
デメリット:モバイル端末1台毎に月額利用料が発生・導入まで数か月かかる


そして今回追加された

モバイル内線が「モバイル内線アダプタ「BX500」」です
モバイル内線アダプタ「BX500」はハードウェアで主装置と接続してモバイル内線を可能にするサービスです

メリット:BX500とAspire WX plusを連携させれば、当日からモバイル内線が可能
デメリット:BX500はハードウェアなので初期費用の機器代金が高額

Web会議・チャットと連携


Aspire WX plusとUNIVERGE BLUEが連携することで、ビジネスフォン・スマートフォン・パソコンがどこにいても効率的にコミュニケーションがとれるシステムです UNIVERGE BLUEのアプリを導入すれば、「PCのみで通話可能」「Web会議・チャットが可能」「ファイル共有が可能」になります

テレワーク環境構築


Aspire WX plusでは、テレワークの環境が簡単にできるようになっております
SIMを搭載したNEC高機能ルーターNIVERGE WAシリーズを自宅に持ち帰れば、会社の電話番号での発着信が可能です
ルーターNIVERGE WAシリーズからLANケーブルでIP多機能電話機(DT900)へ接続する事で会社と同じ環境下でテレワークが可能です

まとめ今までのAspireWXと比較しAspireWX plusはテレワーク・在宅ワーク向けに機能を向上させたビジネスフォンになっております