ビジネスフォン販売会社株式会社ファーストプライズ

業界初ゼロビジ!0円導入・保守付きコスパ最強プラン

LAN construction

LAN工事

HOME > LAN工事
今やオフィスでインターネットが使えるのは当たり前の時代。
パソコンやサーバーへのアクセス、ファイルの共有、プリンター共有出力な
ど全てはLANケーブルを通じて1つのネットワークで構築されてます。

LAN工事の基礎知識

 

LANケーブルとは?Basic knowledge 01

LANケーブルはインターネットを有線LANで繋ぐケーブルの種類です。
今やアクセスポイント(無線LAN)でスマートフォンを接続しインターネットする時代ですが、無線LANと比較し
有線LANの優れたところは、「安定した回線速度の確保」ができるところです。

LANケーブル カテゴリの種類Basic knowledge 02

LANケーブルはカテゴリによって、通信速度や伝送帯域が異なります。
インターネットの契約を10Gbpsを契約し、LANケーブルをカテゴリ5の100Mbpsで繋ぐとブレーキがかかり満足な通信速度がでません。
現在オフィスでLAN工事を行う際、主流なLANケーブルはカテゴリ5eとカテゴリ6です。
LAN工事では市販さてれいる「1本何m」と言ったケーブルは使用せず、300m巻きなど業務用のLANを、オフィスレイアウトの長さに調節し配線します。

 

  最大通信速度 伝送帯域
カテゴリ5 100Mbps 100MHz
カテゴリ5e 1Gbps 100MHz〜250MHz
カテゴリ6 1Gbps 250MHz
カテゴリ6A 10Gbps 500MHz
カテゴリ7 10Gbps 600MHz
カテゴリ7A 10Gbps 1000MHz

LANケーブルの種類Basic knowledge 03

LAN工事の行う際に、LANケーブルの種類は大きく分けて3つあります

  • UTPケーブル(丸型のLANケーブル)

    通常はこのUTPケーブルでオフィス内をLAN配線します。ルーター、HUB、パソコン、複合機、アクセスポイントなど、様々なシーンで使用可能です。

  • LANフラットケーブル

    フラットケーブルは形状が平たく薄く、オフィスの床がタイルカーペットの際、カーペットを捲りその下を通します。

  • 屋外用LANケーブル

    LANケーブルを屋外に配線する場合、雨風や日差しにも強い屋外専用のLANケーブルを使用します。
    特徴として、被覆カバーが厚手のPVC素材で出来ており、耐久性に優れております。

LANと接続する通信機器Basic knowledge 04

ルーター

ルーターはインターネットと通信機器を接続する装置であり、ルーターにプロバイダ設定を行う事でインターネットへアクセス出来ます。
わかりやすく例えるなら、インターネットは「水道の管」、ルーターとプロバイダは「蛇口」、LANケーブルは「水を通す管」です。

HUB

HUBはLANケーブルを分配させる

LAN工事の施工方法Basic knowledge 05

  • オフィスのレイアウトを元に、人が通らない端のルートでLAN配線を行います。
    基本的には、ルーターからHUBまでのLAN幹線、HUBからパソコンまでのLANパッチケーブルの工事となります。
    オフィスの床がOAフロアなどで、上がっている場合床下配線を行います。
    タイルカーペットはフラットケーブを使用し、間仕切りがある時には点検口などから天井配線を行いモールで床に落とします。

試験Basic knowledge 06

  • LAN工事終了時には、通信確認専用器具で通信試験を行い、正常に通信されているか確認し作業完了です。