ビジネスフォン販売会社株式会社ファーストプライズ

業界初ゼロビジ!0円導入・保守付きコスパ最強プラン

Telephone construction

電話工事

HOME > 電話工事

電話工事の匠

当社の電話工事技術者はプロの工事人であり、お客様のご要望を伺い、ご要望以上の電話工事サービスをご提案をします

3つのお約束

  • お約束1プロの配線
    電話工事の配線は、ただ配線し繋げるだけでなく、1本1本丁寧かつ見栄えよく施工します。
    電話配線は可能な限り、隠蔽し露出を少なくして見た目に拘った施工を致します。
  • お約束2データ設定技術
    電話工事にはビジネスフォン設定工事があり、ボタンキー割り付け・留守番電話設定・通話録音設定等様々なご要望に対応可能です。
  • お約束3コストパフォーマンス
    流技術者の電話工事を低価格で施工します。上場企業のベンダー様からの依頼工事も請けており、中間コストを省いた、実際に電話工事をする会社の実質価格でのご提供となります。
電話工事には回線事業者側で行う工事と、
ビジネスフォンを設置する屋内配線工事と2種類あります

電話回線を新設する場合、NTTなどの回線事業者へ
依頼をします。電話回線は大きく分けて3つです。

  •  
    アナログ回線
  •  
    ISDN回線
  •  
    ひかり回線

回線事業者 電話工事

これらの回線をオフィスに引き込む場合、「回線事業者側の工事区分」となります。
アナログ回線やISDN回線のメタル線は、回線事業者がオフィス内の指定した場所へ、モジュラージャックまで工事し完了となります。また、ひかり回線はONUの設置まで行います。
モジュラージャック・ONUから先の電話工事に関しては「回線事業者は行いません」。電話回線を敷設して終了となります。
ここから先のビジネスフォン設置は電話工事業者が施工します。

ビジネスフォンの電話工事

電話配線ケーブルの種類

電話回線を集約する主装置から単芯・2線構造のケーブルを利用し配線していきます。
この単芯・2線構造のケーブルですが、2Pや4P・10Pなど電話機の接続台数により線の太さを決めます。
Pとはペアの事になり2芯で1ペア、例えば4Pだと1つのケーブル内に8線入っており、2ペアで組合わせ4台まで接続可能となります
1本1本1Pを引くよりも効率よく電話線を配線する為に、1つに集約したケーブルです。

屋内ケーブル 床上を配線する屋内ケーブルで、配線処理としてはモールで配線を隠します
屋外ケーブル 建屋間配線や、ケーブルが露出となる場合は雨に濡れても大丈夫なように、電話配線が特殊なゴムに覆われた屋外用電話ケーブルを使用します
フラットケーブル タイルカーペーットを捲り、その下を配線する薄っぺらい形状のフラットケーブルです
  • ローゼット

    ローゼットと呼ばれる端子箱を1Pに対し1つ付けますそのローゼットからキヒモ(機ひも)で電話機に接続をするすれば完了です。ローゼットとは家庭用に例えるとモジュラージャックの役割を果たします。
    このローゼットも種類があり、1個口や4個口・12個口とビジネスフォンを設置する接続台数に合わせて選びます。

  • 主装置設置

    回線事業者側の工事が終われば、ビジネスフォン主装置と接続する電話工事となります。まず、電話回線を主装置に収容します
    アナログ回線→COIユニット
    ISDN回線→BRIユニット
    ひかり回線→BRUユニット(ひかり電話直収ユニット)

  • 多機能電話機接続

    主装置に実装したESIユニット(内線ユニット)から電話機の必要台数に応じで電話ケーブル(2P・6P・10P等)をデスクの島中央付近まで敷設し、配線の先端を整えローゼットを取り付け、キヒモ(機ひも)で各電話機の裏面差込口へ接続します。

  • FAX接続

    主装置に実装したSLIユニット(一般電話機ユニット)からFAXまで電話ケーブル(2P)を敷設し、配線の先端を整えローゼットを取り付け、キヒモ(機ひも)でFAX(複合機)のTELポートへ接続します。
    通常FAXは1〜2台程度なので、2台分接続可能な2Pの電話ケーブルを選びます。

  • 電話配線方式

    床下配線(OAフロア)
    OAフロア(床が上がっている)の場合、電話ケーブルは主装置より各デスクの島まで、床下配線を行い露出を少なく敷設します。
    床下配線(タイルカーペット)
    タイルカーペットの場合、電話ケーブルはフラットケーブルを使用して、1枚ずづタイルカーペットを剥がしながら敷設します。配線ルートに関して、通路やデスクの下などは避け、人が通らないルートで配線します。
    天井配線
    部屋を跨いだり、間仕切りがある場合、主装置より近くの点検口を開口し、天井裏配線を行います。
    電話配線の立ち上げ、立ち上げはモール処理となることが多いです
    縦配線
    1階から2階へ配線など階を跨いで配線する場合、予め建屋に設置されているEPSなどの配管を利用し縦配線工事を行います。
    EPSなどの設備が無い場合は、天井に穴あけし通線や、フロアから一旦外に出して屋外ケーブルを使用して縦配線をする方法もございます。

  • 試験

    電話工事が終わったら、電話ケーブルの導通試験を行います。
    電話ケーブルの両端に試験機をつけて、配線したケーブルに異常が無いか確認します

  • リプレイス工事

    リプレイス工事とは、今まで使っていたビジネスフォンを機器のみ新たに入れ替える(置き換える)電話工事となります。
    基本的に、既設配線はそのまま流用して主装置とビ ジネスフォン電話機を交換します。

  • 移転工事

    移転工事は、オフィスの引っ越しの際、ビジネスフォン機器は現在使用していた機器を、旧場より撤去し、移転先の新場へ移動させ新たに設置します。
    撤去の際は電話工事業者へ依頼し、ビジネスフォン機器・NW機器を外し、電話線やLAN線の撤去の有無も確認します。

  • 増設工事

    増員などにより、電話機を増やす工事となります。
    主装置より増設箇所まで、電話配線を行い設置しますが、注意点として、主装置内部の内線ユニットに空きがあるかです。
    内線ユニットの上限が8台分で、現状が8台設置されていると、電話機の増設は出来ません。 この場合、もう1枚内線ユニットを追加し電話機の増設を行います。

  • 移設工事

    レイアウト変更などで、同フロア内の、電話機の位 置を変更したい場合、移設工事工事となります。